前へ
次へ

化粧品のネットワークビジネス

ネットワークビジネスとは、メーカーから直接消費者へ流通させる仕組みであり、マルチ商法といわれる。
化粧品会社でネットワークビジネスを採用している会社は、アムウェイやニュースキンなどが有名でよく知られている。
マルチ商法とは、自分の下に多階層の会員組織を作り(親会員-子会員-孫会員)商品を売って報酬を得るシステムである為、その性質から生命保険の勧誘と似たような感覚を持たせ、あまり良い印象をもっていない人が多いのではないだろうか。
確かに金儲けのために強引に会員を勧誘するような人もいるだろうが、購入者の利点として、それ以外の化粧品の価格の何割かを占めるCM宣伝がないことから、品質の割に低価格で購入できることがあり、悪い先入観だけで見てしまうのはどうだろうか。

化粧品ビジネスの現在のトレンドについて

化粧品ビジネスの現在のトレンドとして、OEMで自社ブランドの化粧品を作ってビジネスを展開するケースが増えています。
化粧品を製造するためには膨大なコストが必要になりますが、OEMで製造を委託すると、生産設備がなくても自社ブランドの化粧品を製造して販売することができます。
OEMで自社ブランドのコスメを販売している業者には、エステサロンや美容室などがあります。
エステサロンや美容室は、OEMで製造した自社ブランドのコスメを、来客者に対して販売して収益を上げています。
エステサロンや美容室の中には、自社のホームページを使って、自社ブランドのOEMのコスメを通販している場合もあります。
今後もOEMのコスメを使ったビジネスは拡大することが予測されます。

Page Top