前へ
次へ

敏感肌の化粧品選びについて

敏感肌の方は肌の角質が乱れていて肌のバリア機能が正常に働かず、外的刺激を受けやすいという傾向があります。
肌が弱い方がほとんどで、使う化粧品を吟味しなければ赤味が出たりかぶれたりなど、肌トラブルを起こしてしまいます。
化粧品を選ぶ際には成分などに注意して、低刺激で無添加の肌に優しいタイプのものを使用するのが大切です。
目安としては敏感肌用と書かれているものを選ぶの良いでしょう。
香料や鉱物油などの合成成分が使われておらず、原料などにも配慮した安全性の高いものを選ぶ必要があります。
天然の植物由来のものが使われている化粧品もたくさんあるので、肌に合うものを探して、刺激を感じずに肌状態を整えられるものをこつこつと探すのが大切です。

敏感肌用の化粧品について

化粧品の中にはさまざまな種類がありますが、そのなかに敏感肌用のものも販売されています。
とくに化粧をするときにはファンデーションを使いますが、このときに下地が重要になります。
この下地を選ぶ際に乾燥肌の人は保湿成分が配合されているかどうかと言うことを確認するようにします。
そのほかには肌の色にあった下地の色を選ぶようにします。
乾燥肌の人はとくに肌に赤みが出やすくなっているので、コントロールカラーで肌の色を整えると言うことを行います。
とくに血色が悪く青白いという人はピンクやオレンジ系のものを選ぶようにします。
赤みのある人はグリーンやブルー系のものを選ぶようにします。
くすみがちの人はパープルやブルーのものを選ぶようにします。

Page Top